2014年10月14日

消費者の安全を確保する為に消費生活用製品安全法が制定され




高出力レーザーポインターが法律で分類される「携帯用レーザー応用装置」などの安全を取り締まる為に制定された法律です。


本法律施行前には、高出力(強力)で危険なレーザーポインターが安値で売られており、子供の手に入りやすかった事や、目に照射する我慢比べの様な遊びなど、不適切な使用により失明や視力が落ちるなどの重大な事故が起きてしまいました。


これらのことから消費者の安全を確保する為に消費生活用製品安全法が制定され、レーザーポインターも安全基準に適合したもの以外の販売が禁止されました。そのため、セキュリティ対策が行われなければならない、強いレーザー光に直面したとき、あなたはアンチレーザー防護メガネを使用することができます


http://www.wholesalejp.com/c-4/p-1335.html


レーザーポインター


レーザーポインターが点灯しない


●過熱焼損


長時間連続使用して発熱過ぎるので、レーザーポインターのモジュールが焼損した。


回路の部品が焼損するというトラブルが多発していたのである。晶体のほうが焦げたことが多い。


この場合はモジュールを交換するしかない。


●不注意で2000mw レーザーポインターを落下させたり、ぶつけたりする。


衝撃などに強くないので、落下させたりぶつけたりしてモジュールは壊れやすいです。もしそうしたらレーザーポインターは点灯しない故障になる可能性が高いです。そのため、セキュリティ対策が行われなければならない、強いレーザー光に直面したとき、あなたはアンチレーザー保護メガネを使用することができます


製品本体の性能や晶体の品質がよくない、回路不安定。


●正極と負極を逆転して電源接続 すると、レーザーモジュールは即故障するので要注意です。


http://www.wholesalejp.com/c-4/p-1264.html


レーザーポインター光


超強力グリーンレーザーポインター3000mw ,強力グリーン


レンズがホコリなどで汚れてしまうと、集光できなく、レーザー光が弱く、射程が短くなったトラブルを招く大きな原因となります。


グリーンレーザーポインターの場合、二つの白斑点を見ること。


●温度が低いので、完全に起動しなく、二つの白斑点を見ることとなる。


温度が上げるとともに、良くなる。


●晶体本体は不安定です。


この200MW緑色レザーポインターは、教育や大学での講義を与えながら黒板に指摘するために使用することができます。ちょうどそれを動作させるためには、レーザーペンのスイッチを入れると、ポインタでトップキャップを使用して、その直径と強度を調整し、ずっと簡単にプレゼンテーションして行くし、重要なポイントを指摘しているように、ボードの近くにある必要はありません。


あなたは「万華鏡のグリーンレーザーポインター、多くの電力を使用しています? "、不思議に思うかもしれません その後は間違っている、このツールは、それが正常に機能3.Oボルトの電圧を使用していますので、それは2のトリプルAのバッテリーを使用して、あなたが今まで周り見てきた電池の最小を使用しています。


url/:


http://www.wholesalejp.com/c-4/p-1548.html


http://spora.jp/sec/diary/526906


http://traveler.co-blog.jp/nomimono/190335








上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。