2014年10月30日

動物やレーザーポインター間の不可分の起源もあります




市場にレーザーポインタは、より熱いのではなく、それはまた、猫のように、ああ、 犬

、 鳥ので、動物の一部ではなく、レーザーポインターと協力し、まだ、それではそれらの間に何が起こるかの方法物語を見てみましょう、動物とそのルーツを持って


野鳥撮影とかに長いレンズを使うとあわせるのが難しいので、ダットサイトって照準機があります。

フラッシュの所に取り付けるのですが画角とサイトを調整すると

ファインダーを覗かなくてもおおよそであわせることができます。


野鳥撮影の場所に行くとかなり取り付けていますよ


いろいろな種類がありますので価格とデザインで選んでも良いかもしれません


でも、なれれば追えるようになるとは思うのですが


http://www.wholesalejp.com/c-9/p-1563.html


超高出力5000mW緑色レーザー グリーンレーザーポインター超高出力5000mW緑色レーザー グリーンレーザーポインター




なれてくると手でここら辺ってカメラを向けるとほぼ同じような所に行くようになります

ダットサイトでも動き回るのは個人的にはファインダーの方が合わせやすいと思いますよ

あとは左目で広く全体をみて右目でファインダーをみると先の動きが解りやすくなりますよ

2000mw緑色レーザーポインターは、目に当てると失明する恐れがある(もともとレーザーはエネルギーの強い光)ので、絶対に人や動物に向けてはいけません。

ただ唯一の人々のための強力なレーザーではなく、動物を傷つけるには、レーザー保護ゴーグルというものがあると、あなたが知っているので、レーザーポインタが虐待を受けていないことを覚えておいてください、同じであるレーザヨーヨーを発することができる


目線があってからシャッターボタンを押したら目線が離れるのでしたら、いきなりシャッターボタンを押しているのではないでしょうか?

今のカメラはオートフォーカス機能があり、いきなりシャッターボタンを押すと先にピントを合わせるので、撮影までに0.3秒以上かかります。これではシャッターチャンスを逃します。


撮影する場合、あらかじめシャッターボタンを軽く押してちょっと抵抗のあるところで止めます。そうするとピントだけを合わせて待機状態になります。この操作を「半押し」といいます。

半押ししたままで、シャッターチャンスになったところで残り全部を押すと、そのまま撮影されます。


URL/:


http://www.wholesalejp.com/c-2/p-1564.html


http://x.68428.x6.nabble.com/-td12.html




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。